So-net無料ブログ作成
検索選択

気分は大物評論家^^: [お話]

 第134回直木賞 「容疑者Xの献身」について

 

                    

 

先日、文芸春秋のオール読物にて、選評員の方々の評価を読んで

感じた事を述べたい。。これは感想文と言うよりも、審査員ごっこを

しているつもりで、凄まじい敵をつくるかもしれない懸念など微塵も考えず

言葉足らずや語彙不足から生まれる誤解を恐れる事もなく

せっかくの仲良しの方から嫌われてしまったり等々の、そんな様々な

ことさえ下手に気にすることもなく、腹をくくって思いっきり楽しんで

書くことにした。

 

言わば「なりきり大物評論家ごっこ」と受け止めていただきたい^^


 

     <3月4日>  一部、記事を削除しました

たとえ削除した部分を読んで頂いていたとしても、ネタバレになることも

最後まで読まなければ見えてこない推理小説としての答えにも触れては

いませんでしたが…

まさにこれからこの作品を読もうとされていた~本当に楽しみに

してられたファンの方の中には、一切の情報も得たくなかったと

そう感じられる方々もおられるでしょうに配慮が足りませんでした、

。。ので、展開に少しでも触れる部分を削除しました。 


   



選評員の方々(特にある先生を指して)に申し上げたい。



ただの推理小説として読むことなかれと


この話を、トリックやアリバイ工作の精密さや斬新さがどうのこうのと
言った類のものさしでご覧になるのはいかがなものかと!



主人公である石神は数学者であり、導き出され検証された答えは無二唯一の
ものであり、石神にとって決して揺ぎ無いものであり信ずるに値する。


このテーマは「物事を思い込みで見ていては問題の本質も見えないし、決して
回答を得られない」に尽きる。

 石神が想いを寄せる、靖子の魅力が表現されていないとか
人間描写に主を置いていない等等は、この作品に耳を傾けるその角度が違う。

 

そして、何より

石川達三さんの、あの「あえて言う勇気」が世に認められるならば

東野圭吾さんの「あえてそこを補足説明しない勇気」だって

認められるに値すべきと願ってしまう。。

 

 それは、人が何を価値ある真実として認め信じて生きているか…
のスタンスが、読み手側にあるかないかによって評価が大きく変わり
理解されるや否やに分かれるものだと思われる。

よく知る友人の、一生懸命ではあるが言葉足らずな説明が
その足らずとは、言いたくて言えないのではなくて、言いようもないのだと
察した瞬間が・・

その様子を見ても聞いても居らずとも「うん、分かるよ~もうええよ」と、
みなまで言うなと言ってやりたい程に伝わってくる感覚が・・
ある者と無い者の違いかも知れないし、この作品に登場する人物には
そんな友人へ向けるような心情を読み手に持たせてしまっている。


選評員様方に申し上げるなら「推理小説に見えるからといって、推理小説として
のみで読んでおられては、この作家の声を聞くことも正しい評価もできまい」と・・


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■個々の先生方に申し上げるならば。。(敬称略)■■

 

点数は、なりきり大物評論家が選評員の評価に対して10点満点にて

 独断と偏見に、清々しいまでに満ち溢れてつけたものです。(爆)


 


■阿刀田高■
10点
単なる謎解きとしての評価に留まらず、この作品が愛を訴えていると
心棒の部分を見抜いて認めてられるのは先生だけです。敬愛します。



■平岩弓枝■
9点
大胆かつ繊細な展開を楽しまれながらも、作者の人間賛歌を見たようだと
賛辞され、さらには他の候補作品を「才智だけで書いた作品は色褪せて見える」
と言い切られた先生に、真の男らしさにも似た潔さを感じました。
そして聡明な女性こそ、男らしいのだと爽やかで嬉しゅうございます。



■五木寛之■
9点
主人公にここまでの献身をさせた真の動機は何だったのだろう?との
不満にも、推理小説的手法で人間を描く場合の宿命的な歪だと呑み込まれ、
受賞に至った魅力こそ作者の膂力であると湛えられた先生は、大物作家の
懐の大きさを見せ付けて下さいました。


■渡辺淳一■
0点
先生には、もう既に選評員としての眼力もくそもない!残念無念であります・・
これでは、金の上に成り立つ権力を過信して本来の自分を見失い自ら己を貶めた
言動を吐きっ放しにている細木数子さんとどこも変わらないではありませんか!

先生が問題にしうる「人物造形」と「人間描写」とは、貴方ありきですか?
貴方は人としてそんなに正しいのですか?エロくないとダメですか?^^:
主人公の小説的リアリティーとは、貴方が知りうる限りのタイプの人間でないと
つくりものじみていると審判が下る訳ですね・・

ずば抜けた才能英知を持ちながらも貧しくて、出世にも恵まれず掴み損ね、頭髪も
淋しくなり雄としての魅力に欠乏している自らを、誰よりも認識している主人公は
想いを寄せる女の手を握るどころか、傍に居たいとさえ望んでいません。
その身を捨ててまでも、愛情表現がしたかっただけの中年男性なのです。

それを実感しては、例え彼自身が自己満足であろうと感じてしまったとしても、
彼には昇天を迎える程の快楽だったでしょう。

医学部を経て・・、人生の掴むべき所は掴めた先生からは、
そんな雄として負け組み男の精神世界や、愛撫とは程遠くて
呼べない愛情表現が、なんとも見苦しくって滑稽でしょうか?
面白くないからあり得ない?故に小説としてのリアリティーはない?

1970年代がどうとか・・今の現代に昔話と慣習を持ち出してまで・・
先生は、今現在2006年の作家と読者の渦の中に居られるのですよ!
「・・・にもかかわらず本作品が受賞したことは、かつての推理小説ブームなどを経て
、近年、推理小説の直木賞へのバリアが低くなりつつあることの、ひとつの証左と
いえなくもない。」ですって~?それこそまどろっこしい物言いですな。。そして
バリアーではなくハードルではないのですか?^^もう隠居して下さいな^^:

バリアーで正しいなら、それは普遍的こそをよしとするものであり
時代背景や人の感性の移り変わりを受け入れまいとするものに他ならない。

伝統や普遍的なものを敬愛しつつ、新しい変化にただ失望せずに
呼応できる柔軟性を持って吟味出来てこそ、選評員と言う~
文学なる一つの文化を新しく世に送り出す時、高らかに鐘をならす崇高な
役割であるべきと信じます。


■林真理子■
3点
我が身を捨ててまで、愛するものを救おうとする、などという筋書きは所詮小説の世界
だけのことかもしれない。。うんぬんと思われるのは先生がこのような愛を与えらた
事も与えようとした事もなかったからに過ぎないと感じてしまいます、すみません。
さらに、主人公の男性が「キモイ」と貴方に言う資格は残念ながら無い!
読者が所詮の世界だからこそ激しく心を揺さぶられた。。これは、貴方がそう感じられた
だけであってご自分が感じた通りに全ての読者が感じているだろうとの思い込みは
非常に危険で見苦しいです。


■津本 陽■
9点

■北方謙三■
10点

■宮城谷昌光■
8点

■井上ひさし■
2点


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ごっことは言え、大作家先生に対しての数々の失礼や、せっかく長々と読んで下さったのに

不快感を与えてしまった方々にはお詫びのしようもありません。ごめんなさいです。

 

ただ、このブログの中では、

あたしの言いたい放題に伸び伸びと発言していたいんです

実社会でも、家族にも、私事や所感を、相手の反応を気にせずに好き放題に

言い放つことなどありません。。

 

ただこの場所だけは、心から自分を開放していたい

ここでは、言うたら心配かけてしまうな~と懸念もせずに、弱音も吐くし

面と向かっては100対0で負けるどころか相手にもされずとも

ここでは、対等に対峙しているかのごとくつらつらと意見していたいんです

 

 

こんな記事を最後まで読んで下さった方、ほんとにありがとう~!

そして長々とごめんね、申し訳ない以上に感謝しています・・

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4月25日追記

 ■容疑者Xの献身仲間・・・・piccoloさん

 


nice!(22)  コメント(29)  トラックバック(1) 

nice! 22

コメント 29

す・・・凄いですよ~。女王猫さん・・・。脱帽です!
私はこんな風に文章をまとめる能力は無いので
それは違うんじゃない?と思っても、書けないなぁ~。
普段ぶっちゃけれない事も、ぶっちゃける場。それで良いと思いますよ~。
ここは女王猫さんのテリトリーなのですから(*^▽^*)
ここに来ている方は、女王猫さんの普段のお人柄を知ってますから。
多少ぶっちゃけた位で、嫌いになったりしないと思いますよ(^ー^)ノ

実は・・・直木賞の作品って読んだ事無いんですよね。
私にとっては「ふーん。そうなんだ。」位の感覚で・・・。
読むジャンルが偏ってる事に、起因すると思われます(*゜.゜)ゞポリポリ。
by (2006-03-02 10:12) 

sysy_sysy

女王猫さんの書評、本読んだのと同じぐらい面白い。評者への採点も、賛同できます。阿刀田高に満点は納得。情痴作家の渡辺淳一に0点も納得。
林真理子に0点をつけずに、3点という点をやりながらも、低い評価にも納得。
僕にとっては、納得の一文です!
by sysy_sysy (2006-03-02 11:38) 

ゆう

私、この本、読んでみたいと思っていた本でした^^
世の中へ、文化人として(?)こういう書評を書かれている人は、ある意味公にしている意見で、すべてに人に伝わるということでの意見を書かれているので、それに対して、賛同しかねる、という意見もあっていいと思うので、うん、いいと思いますよ。偉い先生というポジションにたつと、昔は注意されたり、意見されていたのに、だれにも意見されず、「先生がおっしゃることはもっともです」という世界になってしまい、自分が言っていることはいつでも正しいし、それが正論だ、って思い込んでしまう人は多いですよね。でも、やっぱりいろんな人がいて、いろんな感性があるのだから、やっぱり意見はそれぞれですよね。
相手を故意に貶めるようなことでなければ、自由に発言できる場所というのは、やっぱり必要で、そのためのウェブログですものね!
by ゆう (2006-03-02 16:56) 

女王猫

■ポコさんへ
 こんなん読んで下さって、ありがとうございますー! 実は、誰もコメント
も何にもしてくれへんのとちゃうか?とか、なんちゅうー事を書いてるのだ!
とアラシみたいなのが来てもしゃーないんかな~とかね、もう正直に白状
するとね物凄く不安でした。 だったらそんな記事を書けへんかったら
ええのに…でも言いたいしーっと。。カテゴリーを「読書」にしたし、いつも
のペットブログでないし、誰かに読んで欲しいような誰にも見られたくない
ような、うじうじとしてました(爆)今日も鯖重やのに長文を、早々に来て
読んで下さってありがとうございました。 そしてここはあたしのテリトリー
だとおっしゃって下さって気が楽になりました♪(感謝)
ナイスもありがとうございました~~(ёoё)ノ

■シンイチロウさんへ
 お久しぶりです~~(=^・・^)v  しかもこんな記事の時に来て下さって
嬉しいです~ありがとうございます!
今回は、こんなだからあんまし誰も読んでくれへんねんやろな~って…
自分で書いたくせに、こんなん書いてもよかったんかな~って、すごく
不安になってしもてました(>_<)でも、コメントを拝見して、もうースッと
しました~\(*^o^*)/ あー、思い切って書いて良かったぁ~♪
 ご訪問もナイスも、ほんとにありがとうございます。
by 女王猫 (2006-03-02 17:01) 

もも

この本は読んだことがないけど、女王猫さんの各選評員様への評価(?)を読んで、うんうん、私もこの人そういう人だと思う!って思うとこがたくさんあったよ。
渡辺淳一の昔の作品はホントに人物描写も情景描写も綺麗で表現力の豊かな人ってイメージがあって好きだったんだけど、最近の彼はどうも偏った方向に進んでしまったようで残念です。
林真理子は女王猫さんの評価がすんごく林真理子らしい~~って感じ。うんうん、私も女王猫さんと同意見です!
ブログというものは『公開日記』だと思うのです。日記なんだから自分が思うことを正直に書いて良いと思うの。それをただ「公開」してるだけ。読んで不快に思う人がいるなら読まなければいいだけのこと。掲示板やチャットのように誰か特定の人に対して言葉を投げかけるものではないし、有名人の公式ホームページのように言葉に責任を持つ必要もないのがブログだと思ってます。もちろんネチケットは必要だとは思うけどそんなことは女王猫さんは百も承知のこと♪
みんな、自己満足ブログでいきましょ~~v(^o^")v
by もも (2006-03-02 18:56) 

はじめまして。
選評員の評価おもしろいです、渡辺淳一さんは東野圭吾さんのファンにとっては敵ですからね。直木賞獲ったときの東野圭吾さんのコメントがあまりにも渡辺淳一さんに向かって発したコメントのような気がして笑えました。林真理子さんもそんなこと言っていたんですね~
by (2006-03-02 20:05) 

女王猫

■ゆうさんへ
 あーー、そうですよね~まだ読んでない人だって居てはるし、先にこんな
こと聞きたくないって思う人も居てはるかも知れないって考えていません
でしたぁ~~(>_<) これから読む人に結末を匂わせてるみたいな事を…
ゆうさんだって、まだ読んでないのにごめんね~(反省)
慣れないことはしたらあかんって本当やねんな~って思うわぁーううっ・・
なのに、長々と読んでくださってありがとうねー!
 ご訪問下さって、ナイスもいつもありがとうございます。

■ももさんへ
 同じように感じて読んで下さる方が少しでも居てくれて良かったぁ~
言いたい放題に書いたからね、本当はすんごく不安だったけど、あたしの
ページくらい本当に思っている事を書いてもええやろ~って思いました。
でも、まだこの本を読んでいない人の事は一切考えてませんでした(>_<)
今日も重いのに、長い記事を読んで下さってありがとうございました。
そして、ももしゃんのブログに対するご意見を聞かせてもらえて良かった
です。 
ももしゃんの優しさや、お気遣いにとても感謝しています!
ナイスもありがとうございました!

■やすさんへ
 はじめまして!
ご訪問ありがとうーございます!(*^-^*)ノ ~(=^・・^)ノ
敵って。。そうなんですね~^^:あたしは受賞の時のコメントを聞いて
いないので知らないんですが、なぁ~んかあたしの好きな作家の事を
渡辺淳一さんはお嫌いなようで。。偶然かも知れませんが「中島らも」さんも
大好きだったのですが当時もけちょんけちょんに言われてしもてました^^:
そちらへもお邪魔させて下さいね、ナイスもありがとうございました!
by 女王猫 (2006-03-02 23:13) 

おぉ~!!(@_@)。。0点、2点というのが。。まさに辛口の批評ですね。。
by (2006-03-03 12:45) 

マロンママ

お久しぶりです~!
私、東野圭吾、大好きなのです。
コミカルなものとか、本格ミステリーとか、物語色の濃いものとか、いろんなテイストの文章が書ける人だけど、私は特に重たいやつが好きみたい。
重いテーマが根底にあって、人の心の奥深いところを書こうとした作品。
以前、eikohさんとこにも書き込んだことがあるんですけど、
「白夜行」なんて、ほんとにほんとに奥が深くて・・・
・・・で、この本なんですけど、まだ読んでいません~!
てなわけで、ネタバレだったら悲しいので、この記事、ナイスを押しておきながら、あえて、読んでません!本を読み終わってから読ませていただきますー!
(いつになるやら?)
でも・・・一抹の不安があるのは、直木賞だってこと・・・。
私は、直木賞を取った作家で好きな人ってあまりいないので、直木賞をとった作品って、どんなだろう・・・と、不安があったりします。
乱歩賞なら間違いないんだけどなー。乱歩賞受賞作品にハズレはない!と思うのです!(私の好みってだけだけど(;^_^A )

過去記事も、ゆっくり、順番に読ませていただきますね。
とりあえず、本日は、トラバのお知らせなんです。
お祝い、ありがとうございました!(*´∇`*)本当に本当にうれしいですー!
by マロンママ (2006-03-03 14:31) 

まるちゃん

私も、まだこの本を読んでないのですが、東野圭吾さんは、6回目(?)で、受賞されたそうですね。最近は、図書館通いをしているので、貸し出しになったら一度読んでみようと思います。
人に個性があるように受け取り方も色々だと思うのですが、一フレーズでも自分に共鳴するところがあるといいですね。
この場も女王猫さんのテリトリーだと私も思うので、御自分を開放されていいと思います。
by まるちゃん (2006-03-04 22:57) 

女王猫

■mizusatoさんへ
 はい^^:なりきり評論家ですから~(ポリポリ)
じりじりとつながりにくい中を、ナイスもありがとうございました。

■マロンママさんへ
 「白夜行」は、あたしはテレビドラマで毎週楽しみに観てます♪^^
この人の本は読んだことなかってんけどね、あのドラマが衝撃的でさ
今回初めて読んで・・すっかりファンになってしまいました。
決して結末やらネタバレにはしてなかったけど、でも、これから楽しみに
してはった人には配慮がなかったな~と、反省して削除したからね~
それからね、この人は乱歩賞をとってプロデビューしてはるからさ
マロンママさんにも、きっと期待はずれではないと思うよ~~(*^o^*)ノ

それから、もうー異常なくらに重いからねーご無理のないようにで
お願いしますねぇ~あたしもそちらへは、二日がかりでしたもん(苦笑)
ほんでそんな中を、ナイスもTBもありがとうございました。
(気に入ってもらえて、良かった安心しました♪)


■まるちゃんへ
 うんうん、そうみたいやね~、しかも作家としてデビューしてから
20年くらいになるらしいって…あたし、全然知らんかったよ~
もしかしたら予約とかになってるかも知れんけど、是非おすすめやから
読んでみてね^^ 共鳴できるところは~ううーー・・っとね、無かった
ような気がするけど、でも楽しく一気に読み進めましたよ~
この頃の激重で・・お返事が遅くなってごめんなさいねー。こんな中を
ご訪問いただきナイスもありがとうございました。
by 女王猫 (2006-03-06 22:36) 

びぃびぃ

こんにちは、お久しぶりでございます^^
この本読んでみたい!と思っているんです。
以前読んだ「百夜行」が面白く、一気に読んでしまいました。
それにしても女王猫さんの文章力には脱帽です!
これからもノビノビと言いたい事、書きたい事いっぱい
書いてくださいネ♪それがblogのよさだとも思います(^_-)-☆
by びぃびぃ (2006-03-07 09:51) 

櫻

井上ひさし・・・2点(笑)。
是非読んでみなければ! って女王猫氏の評論に啓発されましたぞ~。
ここまで、ばっさりとやってくれると、気持ちよいくらいです。
本を読んでから、改めて女王猫氏のコメントを読みに来ますにゃ~。
by (2006-03-08 00:32) 

のんのん

私は今、白夜行読んでますよ。
これも、読みたいので、さらっと読ませて頂きました。
私も、感想を述べに来たいと思います~~。
いつになるかな?!
by のんのん (2006-03-09 02:15) 

うちゃん

いまは~~♪もくしていかん~~~♪
ナニォ♪ー~またかたるべき~~ ♪
古い歌で御存じないかな?
言いたい事を言えない辛いときもありますね(笑)
ここで十分発散してください(*^。^*)
by うちゃん (2006-03-09 04:48) 

gillman

この間
かみさんが読んでいたから
感想を聞いてみようっと
by gillman (2006-03-09 16:05) 

kisi

女王猫さん、さすがです!
東野圭吾さんの作品は読みやすく、結構好きなので、これも読んでみようと思います。
by kisi (2006-03-09 19:38) 

ごまかん

だいぶ出遅れです~。女王猫さんの評論に、興味が沸いてきましたよ。
いつも行く図書室(館じゃない。。笑)にも入るといいなぁ^^
by ごまかん (2006-03-09 20:28) 

ecco

ううう~
記事よみたい!!
でもこの本うちにもあってまだ読んでないのですよ~~
読んだらまたこようと思います~~^^
by ecco (2006-03-09 20:36) 

女王猫

■びぃびぃさんへ
 お久しぶりですね~(*^o^*)ノ お引越し大変だってでしょう~
お疲れ様でしたぁー! あたしはあのドラマで、前にサブロウシロウさんが
テレビで言うてはった東野圭吾の作品やねんや~って知ってね~
で、直木賞の作品って本屋でパラパラ~と見て、引きこまれたら買う!
文字を目で追えなくなってしもたら置いて帰る!って決めてたから、それで
一気に読んでしまったんですよ~!それから選評員のコメントを見て…
なんか黙ってられなくなってしもてね~(#^_^#) じっくりと読んで下さって
ありがとうございました~ナイスもありがとうございます。

■櫻さんへ
 言いたい放題に書いたからね~^^:選評員の人よりも偉い人が言うてる
ようで笑うやろ~~(爆) でも、そんな人が見てる訳ないし独り言の
ちょいカツゼツのええもんやと思って許してもらえればと願います(苦笑)
うんうん!!櫻さんも是非とも読んでみて~\(*^o^*)/
 ご訪問もナイスも、いつもありがとうございます。

■のんのんさんへ
 は~い、是非おすすめです♪^^
(この記事もね、内容や結末が分かる様には書いてないからね)
それにね、順番が後先になってまけどあたしもドラマ見終わったらそれも
本で読もうと思っています!感想をお待ちしてしますね~
 ご訪問もナイスも、いつもありがとうございます。

■うちゃんさんへ
 母の懐メロでも知ってるつもりですが^^: 
うううーーこれは知らんかもです。。うとてくれてありがとう~ね(o^-^)v
うん、充分に言いたい放題に言えました!これからも発散します♪^^
 ご訪問もナイスも、いつもありがとうございます。

■gillmanさんへ
 奥様もファンなのですね~^^
はい、是非、伺ってみて下さいませ。。
 ご訪問もナイスも、いつもありがとうございます。

■kisiさんへ
 きしさん~、お気持ちが大変やろうに・・だって、あたしでも大変で
姪っ子を亡くした気持ちですもん(涙)
そんな心境なのに、こんな記事にも過去記事にも・・ありがとうございます!
ナイスもありがとうございました。
(きし丸が、ええ天国へ逝けてるようにと泣きながらも祈っております)
by 女王猫 (2006-03-10 00:59) 

女王猫

■ゴマフさんへ
 いいえ~、重すぎでどうしようもなかったですもんねー
読んで下さってありがとうございます。(o^-^)ゞ
直木賞受賞作品やし、入ると思うねんけどな~♪図書室ってなんか子供の頃
の言い方みたいで可愛い~^^ ナイスもありがとうございました。

■eccoさんへ
 あ~~ひやひやさせてしもてごめんね~
でも、結末もあらすじも書いてないから読んでも大丈夫やよ~\(*^o^*)/
ほなまたねぇ~~^^ ナイスもありがとうね~~~ 


■空さん
■Jetstream31さん
 読んでくださって、ナイスもいつもありがとうございます。
by 女王猫 (2006-03-10 14:31) 

キン太

あまり本を読まない私・・・^^;
この本、読んでみたくなりました。
by キン太 (2006-03-10 19:08) 

女王猫

■sekiさんへ
 ペットブログとちゃうのに読んでくれてありがとう~ねぇー
あたしも普段から本好きって訳でもないんですよ~ただ、本屋さんで
パラパラと見てて吸い込まれてしもたら一気に読んでしまったり、その人の
作品を虱潰しに読んだりします(爆) ナイスもありがとうございましたー!
by 女王猫 (2006-03-10 23:04) 

活字馬鹿ですので、本を読むことはまずない空です。。。
だって眠くなってしまうの・・・(/ー\*) イヤン
だから本の内容うんぬんは別にして女王猫さんに言いたい!
私はミュートちゃんが大好きだし、可愛いと思っているし
だからこそ訪問させていただいているんですヾ( ̄ー ̄)ゞ
それは私の勝手でお邪魔しているだけなんですから
そんな細かいことは気にしないで、女王猫さんのやりたいように
楽しいブログにしてくださいねヾ( ̄ー ̄)ゞ
女王猫さんのブログは女王猫さんが社長さんなんですよぉっ!
もう気~使いさんなんですからっ!(* ̄m ̄)ぷっ
・・って、私の言い方が失礼だったらごめんなさいねっっ
by (2006-03-12 16:56) 

女王猫

■空さんへ
 空さぁ~~ん!心強いこと言うてくれてありがとうぉ~~~~~
そんなん言うてくれる人と知り合えてお付き合いが出来て本当に嬉しいです!
はい!これからもここでだけは自己チュウでゴーイングマイウェイでいきますとも!
全然失礼ちゃうよー嬉しいもん♪猫になって八の字すりすりしたいくらいやねんから♪
ご訪問もナイスも、いつもありがとうございます。
by 女王猫 (2006-03-12 23:52) 

hako

渡辺さんと林さんとこの辛口批評が最高ですね。
ソネブロが軽くなりました。
by hako (2006-03-15 21:21) 

女王猫

■feeebieさん 
 こちらにもご訪問いただき、ナイスもありがとうございます。

■hakoさんへ
 ここぞとばかりに言いたい放題でしたので、そう言って頂けると
ホッとします。^^ 
はい、ソネットも、ずっとこのままの調子だったらいいですよね~
 ご訪問もナイスも、いつもありがとうございます。

 
by 女王猫 (2006-03-16 19:57) 

momoring

ここは女王猫さんのホンネが聞ける場所ってことですよね(^-^)
周りのことなんていちいち気にしてたらなーんにも書けなくなっちゃいますよ。
とかいいつつ、私も少しは気にしてて、自分らしくないなーって思うことも
あるのですが・・・。
イヤ私のことはどーでもいいんですが、女王猫さんの本音、
これからも楽しみにしてますからね。
by momoring (2006-04-14 00:18) 

女王猫

■カイトさん
■Piccoloさん
 ご訪問、ナイスありがとうーございました~(=^・・^)ゞ

■momoringさんへ
 ももりん~^^お久しぶりです~♪
お返事おそなってごめんねー!PC壊してしもててさ^^::
心強いコメントをありがとうございます!(*^-^*)ゞ
うんうん^^そうするね^^v ももりんもこれからも飾らないおもろさ
で楽しませてくださいね! 復活したから、またそちらへもお邪魔させて
もらいます、また宜しくお願いします。ご訪問をありがとうございました。
by 女王猫 (2006-04-15 18:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。